ベトナム北部の麺料理 豚骨のスープとシャキシャキ感が味わえるブンゾックムン Bún Dọc Mùng

ハノイでブンゾックムンを求めて

ベトナム北部の名物にブンゾックムン(Bún Dọc Mùng)という麺料理があります。
豚骨ベースのスープに豚足(豚肉)やキクラゲ入りの肉団子、ハスイモの茎を乗せていて、シャキシャキとしたハスイモの食感が特徴。
ブンと名付けられているので麺は米を使った押し出し麺です。
ブン界というものがあるとすれば、有名なのは「ブンボーフエ」や「ブンチャーダッキム」であり、ブンゾックムンなんて聞いたことがない人の方が圧倒的に多いでしょう。
かくいう私もしかり。
ハノイへ訪れる機会があれば必ずや食してやろうと虎視眈々と日々生きておりましたところ、ようやくチャンスに恵まれ、ハノイにある『Quán Bún Dọc Mùng』を目指したのでございます。

ブンゾックムン専門店『Quán Bún Dọc Mùng』

ハノイのブンゾックムン専門店『Quán Bún Dọc Mùng』

店内にある青い席は客席なのか!?

私が来店した『Quán Bún Dọc Mùng』は黄色い軒が目印。路上にもテーブルを数台並べて営業しています。
店内を覗き込むと、まぁ小さいこと!
上階へ上がる階段(ハシゴ)がありますが、店内にまで上がり込み2階まで上がる勇気がありませんでしたので、路上のテーブルに腰を下ろしました。
注文したのはもちろんブンゾックフエです。

あっさりとした豚骨スープ+ハスイモのシャキシャキ

ベトナム北部名物のブンゾックフエ

たっぷりとトッピングされたハスイモが丼の上部を占有し、麺は一切見えず、ハスイモ汁のような様相を呈しております。
まずはスープを一口。豚骨でダシをとったスープはコクを表しながらもあっさりとした味わい。
そのスープに合うのがシャキシャキとしたハスイモです。
これほどシャキシャキ感にあふれる野菜がたっぷり乗った麺料理は稀有でしょう。

チャーシューもトッピング

黒い醤油のようなものをお好みで

女性一人がひたすら調理&仕込み

小さな店とはいえ営んでいるのは女性たった一人。彼女は注文が入るたびに麺を茹で、スープを丼に注ぎ、客に提供していきます。
厨房、というか材料や寸胴に囲まれたスペースにちょこんと座り、黙々と調理や仕込みをしている姿からは、安易には近寄りがたい職人のようなオーラを発していました。

黙々と豚肉を捌いていた女性

ハスイモや豚肉が山盛り

【SHOP DATA】
「Quán Bún Dọc Mùng」
TEL:+84 94 447 49 31
OPEN:06:00-21:00
ADDRESS:18 Bát Đàn, Hàng Bồ, Hoàn Kiếm, Hà Nội,
PRICE:ブンゾックムン40,000ドン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」、2016年より本サイト「激旨!アジア食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu