ペナン島 ジョージタウンで最高のLor Mee(ローミー)!?

マレーシアのマラッカ海峡に位置するペナン島。
”東洋の真珠”と称され、マレーシアのリゾートとして知られる島です。
とはいえ、ネットで「東洋の真珠」と検索し上位に表示されるのはデヴィ夫人です。
何とぞご注意ください。

ペナン島のジョージタウンは東西交流が盛んだったことから、中華、インド、ヨーロッパなどの文化が混ざり合い、独特の街並みを形成しています。
2008年にはマラッカと並びユネスコ世界文化遺産に登録され、マレーシアでは初となる世界文化遺産になりました。

ジョージタウンには街の各所にストリートアートが描かれており、街歩きをしながら楽しめます

英国統治時代に設備されたコーンウォリス要塞の大砲

人生初 ペナン島へ上陸

ジョージタウンといえばもう1点。
街のあらゆる場所で見かける麺料理などの屋台が興隆で、ストリートフード天国と化し、アジア飯食べ歩きファンにとってはたまらない存在です。
食べ歩きの聖地と言って過言ではないペナン島ですが、私はこれまで訪れたことがありませんでした。
1年ほど前から「訪れてみたい」という欲求はあったペナン島。
タイミングを逃したり、私情が絡んだりと、近くて遠い存在になりつつあったペナン島でしたが、タイのソンクラーン時期である4月半ばに初訪することが叶いました。




餡かけ麺料理Lor Mee(ローミー)と出会う

初めてペナン島へ上陸した私は、屋台を見るやとにかく食べる。
食べて食べて食べまくり、胃袋はどんどん膨張。
胃袋だけではなく腹回りも同じく膨れ上がる始末になっていくわけですが、その中でも印象深かった料理を取り上げていこうと思います。
今回紹介したいのは『SENG THOR LORMEE』で出会ったLor Meeなる麺料理です。

安宿や屋台が集まるキンバリー通り(Lebuh Kimberley)を東端まで行くと、カナーボン通り(Lebuh Carnarvon)に突き当って三叉路になり、私が目指していた店はここの角地に建っています。
店舗らしきスペースを中央に据え、店の周りに屋台が群がっているこういった様式は、タイのホアヒンでも見たことがあるスタイル。
店舗が屋台主たちに周辺の場所を貸し、家賃収入を得ているビジネスです。

店舗自体はカフェになっています

丸テーブルが並ぶ店内

幾つか屋台が並ぶ中、私の興味をひいたのは真っ黒のスープ色をしたLor Meeという、写真だけを見ると不穏なイメージを想起させる麺料理。
穏やかではない印象のLor Meeは、テーブルに運ばれてきた実物もしかりで、どす黒い餡かけには太麺と細麺の両タイプの麺が潜んでいます。

Lor Meeに盛られているのは揚げニンニクです

Smallとbigの2サイズからチョイス

スープの色から察するに濃厚な味を想像していたのですが、意外とさっぱり。
ほどよくとろみの効いた餡かけは、太麺と細麺に絡んで存在をアピールしているかのようです。
太麺と細麺を交互に箸でつまみあげ、餡かけが跳ねないよう慎重に啜る。
さっぱりしていながら深い!
なんだこの麺料理は!

太麺にしっかりと絡みつく餡かけ

細麺にもとろ〜り

Lor Meeだけではなく、あっさりスープのKoay Teow Th’ngもいただきました

タイからペナンへ移住してきた店主

餡かけとともに麺、豚肉、鶏肉も絡み、一体となって攻め立てます。
レンゲの上に盛られた赤は、辛味噌。
好みの量をスープに溶かして少々パンチを効かしてみるのもよろしいでしょう。
Lor Meeは店によって仕上がりが異なり、酸味の効いたLor Meeもあれば、うどんのような太麺を使う店もあるそうな。

「アロイ マイ?」

私たちにタイ語で声をかけきたのは、初老の店主。
付け焼き刃のタイ語ではなく、かなり本格的にタイ語です。
話を聞くと、小さい頃に一家でタイからペナン島へ移住したと言います。
ペナンでの生活が人生の大半を占めた今でもタイ語が話せるのは、幼き頃に覚えたタイ語が、タイ人としての彼に染み付いているからでしょう。

こちらは息子さんです

麺をゆがくなどの調理業務の大半は息子さんが担っていますが、彼はそれだけではなく、WebサイトやFacebook運営も始めたようです。
祖父から父親、そして子へと受け継がれた『SENG THOR LORMEE』は、時代の流れに上手く対応しつつ、極上のLor Meeを提供し続けてくれるでしょう!

「ペナン島ならここのLor Meeより、●●●の方がうめーぜよ!」

この記事をご覧になり、さらに旨いお店の情報がございましたら、ぜひともお教えくださいませ。
以下アドレスで24時間体制でお待ちしております。

gekiuma.asia@gmail.com

【SHOP DATA】
「SENG THOR LORMEE」
TEL:+60 16-221 0347
OPEN:7:00-12:30
ADDRESS:160, Lebuh Carnarvon, George Town, 10100 George Town, Pulau Pinang
PRICE:Lor Mee(小)4 RM、(大)4.5 RM、Koay Teow Th’ng(小)5 RM、(大)6 RM
Website:http://www.sengthor-lormee.com/
Facebook:https://www.facebook.com/sengthorlormee/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です