ビエンチャンで唯一!? ヤギ肉料理店のゲオコンムアン

私が運営するタイ料理店グルメサイト「激旨!タイ食堂」にて、バンコクにあるヤギ肉シチューを扱うお店を紹介しました。

ヤワラー(中華街)で出会った絶品の山羊肉シチュー

バンコク広しといえどヤギ肉を扱ったお店はかなり少なく、私はここでしか出合ったことがありません。
それほど少ないヤギ肉料理店が、バンコクよりも小さな街ビエンチャンにもあったんです!

カレー風味のヤギ肉煮込み

ビエンチャン中心部から自転車で北へ10分ほど。
看板にヤギのお写真が掲載されているので、前を通りかかるとすぐに察知できるでしょう。
食堂というには広い『ゲオコンムアン』。
18時に来店すると8割ほどの客席が、ローカルのラオス人で埋まっています。

女性店員に手渡されたメニューを見ると、最上段にヤギの記念写真が載っているのでヤギ肉店であることは私でも分かるのですが、英語表記があるはずもなく、どれがヤギ肉料理なのかも判別できずチンプンカンプン。
ラオスではかろうじてタイ語が通じるので、女性店員に聞いてみることにしました。

「これとこれがおすすめよ」

なんだかよく分からないけれど、彼女に言われるがまま従うしかない。
野菜炒めが出てきたら困るなぁ、なんていう不安もありましたが、さすが店員さん分かっておられる!
出てきた2品は見事ヤギ料理でした。
ひとつはさっと揚げたヤギ肉、ひとつは煮込みのヤギ肉です。
揚げたヤギ肉は肉の弾力に富み、反してヤギ肉煮込みはじっくりと煮込まれとろけるほどの柔らかさに仕上がっています。
煮込みにはモツ肉もあり、カレー風味。臭みを消すためなのかもしれません。

揚げたヤギ肉

カレー風味のヤギ煮込み

じゃがいもも入ってます

20時ごろに数名で来店した欧米人客

「タイ語でヤギは『ペー』でしょ? ラオス語では『メ』って言うのよ」

私にラオス語を教えてくれたのは、注文をとってくれたノーイちゃん。
彼女に聞くと『ゲオコンムアン』はオープンして2年ほどだそうです。

後ろで立っているのがノーイちゃんです

2皿を食べ終え、ビールをちびちび飲んでいると、欧米人客御一行が来店。
彼らも同様にヤギ肉料理を注文したようですが、何やら様子がおかしい。
後にノーイちゃんに聞くと、どうやらヤギ肉が売り切れてしまい、料理は何もオーダーせずビールだけを頼んだのだとか。

ビールだけをテーブルに置いた彼らは、5人でトランプゲームに興じていました。

写真左に写っているのがトランプゲームに興じる欧米人客御一行です

【SHOP DATA】
「ゲオコンムアン」
TEL:030-4710-744,020-96777-522
OPEN:16:00-23:30(隔週日曜日休み)
PRICE:やぎ焼き30,000キープ、やぎ煮込み30,000キープ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です